冠婚葬祭で包むお金の相場とマナーを知ろう!

冠婚葬祭別袋のマナー解説

ご祝儀袋のマナー

【ご祝儀袋の選び方】
ご祝儀袋は中に入れる金額に見合った物を選びましょう。目安は入れる金額の100分の1ほどの金額の袋。
中に入れるお金に見合わず豪華な物、質素な物はマナー違反に当たります。
また水引は「一度結んだらほどけない」結び切の水引を。
なお、結婚式の場で「何度でも結び直せる」蝶結びの水引はNGです。

【表書きのマナー】
連名が二人の場合、夫婦なら夫の氏名を右に、そうでない場合は目上の人の名前を右に。
連名が三人の場合は目上の人の名前を右に。
上記の人数で全員が対等な立場(友人など)の場合は、右から五十音順になるように書くと良いでしょう。
四人以上の場合は代表者の名前を記し、その左側に「外一同」と書き添えましょう。別紙に全員分の名前を書き、中包みに同封しましょう。
また、書く際は毛筆か筆ペンで。ボールペンや万年筆などはNGです。
薄墨の筆ペンも使ってはいけません。薄墨の表書きはご香典の書き方だからです。

ご香典袋のマナー

【ご香典袋の選び方】
金額が抑えめの時は派手な水引を選ばないのはご祝儀袋と同じです。
仏式の香典袋は無地か薄墨で蓮の花が描かれており、黒白か双銀の結び切の水引が掛けられた物です。
神式の香典袋は水引は仏式と同じですが神は無地のみです。
キリスト教式の香典袋は無地か十字架か百合の花が描かれたものです。水引は無しです。
無宗教式の香典袋は基本的になんでも良いですが無難に神式と同じものを選ぶとよいでしょう。

【表書きのマナー】
表書きはどの宗派でも薄墨で書きましょう。「表書きを書いている最中に涙がこぼれて墨が薄くなってしまった」事を表します。
浄土真宗の場合は、表書きを「御仏前」に。
それ以外の仏教の場合は、表書きを「御霊前」に。
神式の場合は、表書きを「御榊料」か「御玉串料」に。
キリスト教の場合は、表書きを「御花料」に。
無宗教の場合は、表書きを「御霊前」に。
相手の宗派が分からない場合は「御霊前」と書きましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る