冠婚葬祭で包むお金の相場とマナーを知ろう!

一体何円包めばいいの?冠婚葬祭で包むお金の相場まとめ!

包むお金の相場

【結婚式】
結婚式でのご祝儀の相場は、ケースによって異なります。
出席しない場合は1万円ほどが相場になりますし、血のつながりの無い関係の結婚式に出席する場合は3万円ほど、血のつながりがある関係の場合は一人で出席するなら5万円ほど、夫婦で出席するなら10万円ほどが相場の様です。

【成人式】
子には1万円から5万円、甥姪には1万円から3万円、孫には1万円から3万円ほどが相場ですが、こちらはお金では無く実物でも良いでしょう。

【葬式】
葬式も結婚式同様、ケースによって異なります。
故人の親や兄弟が金額が高い傾向にあり、最大で10万円ほどが相場の様です。
祖父母、おじおば、その他の親戚は2万円から5万円ほどが相場の様です。

最後に。
ここに記したのはあくまで相場です。自分の財政状況も考え、無理はしないようにしましょう。

結婚祝いのプレゼント

とても仲が良くどうしても贈りたいという場合や披露宴に出席出来ないけどお祝いしたいと言う場合に結婚祝いのプレゼントはどうでしょう?
予算は披露宴に出席する場合、友人や同僚・上司・部下等なら3千円から1万円ほど、兄弟や親戚なら1万円から3万円ほどが相場です。
また披露宴に出席しない場合は上の相場よりもう少し金額を上げると良いでしょう。
ただし、豪華すぎる物・高価すぎる物は新郎新婦に気を遣わせてしまうので気をつけましょう。
結婚祝いの物で無難なのが「二人で使えるもの」「二人の生活を応援するもの」「二人の共通の趣味のもの」です。
また、刃物や鋏は「縁を切る」ことを連想させる、ハンカチは「手巾」(てぎれ)を意味する、櫛は「苦」「死」を連想させるなどの理由で以上の物はNGです。
意外と駄目なのが日本茶。こちらは香典返しなどの弔事で使われる事が多いので、慶事のプレゼントに使うのはふさわしくありません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る